不動産投資Investment

不動産投資の魅力とは

賃貸アパート・マンション等の収益不動産を活用して安定した不動産収入(インカムゲイン)を確保していきながら、事情に合わせて、売却を利益(キャピタルゲイン)を取得するビジネス手法(パターン)があります。

個人・法人も不動産(建物)の減価償却として所得税や法人税を圧縮し又、個人に於いては相続対策として、相続資産の相続税評価額を圧縮することで節税効果を最大化するなどの有益な投資効果をもたらします。収益物件の活用は、現在は個人・法人に関わらず又、富裕層・サラリーマンの方でも資産を形成し増大させるための最大な手法であるといっても過言ではないでしょう。

但し、賃貸経営に失敗すると、投資物件が負の資産に転換する場合もあり、賃料の減額、空室による入居率が低下するなどの収支の悪化で借入金の返済が滞る等の理由による売却で、損失が発生することもあります。不動産投資に於いて、物件選びから、資金調達、管理運用、節税そして売却までの各場面の正しい知識の構築と良きパートナーを作ることが大切だと思います。賃貸経営のテーマとしては「安全な経営」、「安心な経営」を目指したいものです。

不動産投資の運用で期待可能な効果

収益不動産 1不労所得 賃料-経費 手元資金確保 2貯蓄 返済元金分の貯蓄効果 3節税 所得税・法人税 相続税 安全経営 団体信用生命 保険の加入
  1. 不労所得(副収入)の効果

    物件の購入を銀行融資で取得し、賃料等の収入から借入返済、関連経費、その他管理費等を差引いても現金が残る仕組みを作ることができます。

  2. 貯蓄の効果

    毎月の賃料等から銀行借入の返済を通じて、弁済元本の減少に伴う貯蓄が可能となります。これは、不動産の売却時にその効果が現れます。

  3. 節税対策の効果

    個人の所得税、法人の法人税など減価償却による税効果が受けられます。相続税は、相続資産の評価減に大きく貢献します。

  4. 保険加入による安全経営の効果

    銀行借入による借入金残額に、団体信用生命保険に加入することによって、借主のアクシデントによる家族や会社にローン残を承継させない、安全経営ができます。

  1. HOME
  2. 事業内容
  3. 不動産コンサルティング
  4. 不動産投資